2010年06月08日

<民主代表選>菅氏配布文要旨(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相が3日の会見で配布したペーパー「立候補表明にあたって」の要旨は次の通り。

 「政権交代による日本再生」の希望のたいまつを引き継ぎ実現するため、立候補の決意を固めた。鳩山内閣の一員として国民の期待に十分に応えられなかったこと、鳩山由紀夫首相を支えきれなかったことをおわびする。民主党が国民の信頼を回復するには、政治と金にまつわる問題にけじめをつけることが必要だ。民主党を国民に信頼されるクリーンな政党にしていく。沖縄の普天間飛行場移設問題でも多くの皆さんに失望を与えてしまった。日米合意を踏まえつつ、これからも沖縄の負担軽減という目標に向かって大きな息の長い努力が必要だ。

【関連ニュース】
民主代表選:菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に
民主代表選:菅氏「月内に新成長戦略」
民主代表選:菅氏「無限に借金が増える方向ただす」
民主代表選:菅氏を岡田・前原氏が支持 樽床氏と一騎打ち
民主代表選:菅氏、3日夕に出馬会見 樽床氏も立候補へ

退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手(産経新聞)
どの乳酸菌飲料をよく飲んでいますか(Business Media 誠)
退陣論よそに、かりゆしで談笑=鳩山首相(時事通信)
ネット選挙解禁法案で紛糾=衆院委、午前は開会できず(時事通信)
年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)
posted by イマニシ シンジ at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。