2010年04月21日

47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は20日午前の記者会見で、事業仕分け第2弾で対象とする独立行政法人は47で、計151事業となることを明らかにした。国土交通省所管の都市再生機構や外務省所管の国際協力機構などで、理化学研究所(文部科学省所管)など研究開発関係の独法も、整理・統合を視野に重点的に取り上げる。同日夕の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)で決める。
 今回の事業仕分けでは、消費者行政の在り方を問う観点から、類似の事業を行っている国民生活センター(内閣府所管)や製品評価技術基盤機構(経済産業省所管)も扱う方針。
 また、枝野氏は「都心に東京事務所を本部とはほかに持っているが、本当に必要なのか。文科省関連の(独法の)東京事務所が一つのビルに集中しており、事実上全部取り上げる」として、国立大学財務・経営センターなどの東京事務所の必要性を精査する考えを示した。 

【関連ニュース】
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け
「首長新党」に関心=枝野行政刷新相
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に

鳩山首相が帰国(時事通信)
苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)
<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)
増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)
posted by イマニシ シンジ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。