2010年04月05日

「2人区」、5府県で決着=参院選2次公認で9人−民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は2日午後、党本部で記者会見し、夏の参院選の第2次公認候補9人(選挙区8人、比例代表1人)と推薦候補1人を発表した。これで同党の公認候補は計96人、推薦候補は3人となった。
 改選数2の「2人区」では、福島、茨城、長野、静岡、京都の5選挙区で2人目の候補を決定。これにより、12ある2人区のうち、2人目の候補が決まっていないのは、国民新党が擁立を見送る方向の広島選挙区だけとなった。同党は今後、広島のほか、東京(改選数5)の3人目、大阪(同3)の2人目の候補を調整。山口、愛媛、宮崎、沖縄(各同1)でも人選を急ぐ。
 小沢氏は、2人区での複数擁立に異論が出ていることについて「無風、無競争の状態が続いているので、しんどいという抵抗が多いのは事実だ」とする一方、「競い合えば(総得票が)倍になるとは言わなくても、間違いなく5割増しにはなる」と強調した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

職員の子どもが職場見学=内閣府(時事通信)
現行計画も選択肢=普天間移設−岡田外相(時事通信)
中医協公益委員の牛丸氏を再任(医療介護CBニュース)
<日本医師会>会長選挙始まる 唐沢氏ら三つどもえの構図(毎日新聞)
遅刻「事務方のミス」、総務相が課長ら4人更迭(読売新聞)
posted by イマニシ シンジ at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。