2010年02月02日

<北海道漁船銃撃>露外務省に抗議(毎日新聞)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件に関し、1月30日に上月豊久駐ロシア臨時代理大使からロシア外務省のガルージン第3アジア局長に対し、口頭で厳重抗議したと明らかにした。

 抗議は▽ロシア側の対応は人命損失につながりかねず不適切▽領土問題での日本の立場、北方四島周辺における安全操業協定の趣旨をないがしろにする行為につながりかねない▽再発防止の徹底を求める−−との内容。

 平野氏は「言い分が日露双方で違うので検証しなければならないが、銃撃で船体に被弾するのは極めて人命にとって問題だ」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース】
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか
国後沖:「停船要求無視」露が射撃認める
国後沖:露ヘリが日本漁船に照明弾
日露外相会談:領土問題、認識の差埋まらず
ロシア:「不法占拠」見解で抗議集会 北方領土めぐり

<お〜い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)
首相、29日に施政方針演説=3党国対委員長が合意(時事通信)
都議補選、自民候補が勝利 小沢氏問題、影響か(産経新聞)
長妻厚労相が在宅介護を体験、コストの在り方にも言及(医療介護CBニュース)
ハイチに陸自部隊を派遣、復旧活動に参加(読売新聞)
posted by イマニシ シンジ at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。