2010年06月18日

国富町でも初の事例=牛3頭に症状―宮崎県口蹄疫(時事通信)

 農林水産省と宮崎県は16日、同県国富町の肉用牛農場で口蹄(こうてい)疫特有の症状を示す牛が3頭見つかったと発表した。国富町での発生は初めてで、感染が飛び火していた宮崎市内の農場から北西に約4.5キロ離れている。
 この農場は、ワクチン接種対象地域の外に位置するが、既設の家畜移動制限区域に含まれている。県はこの農場の牛234頭すべてを殺処分することを決めた。今回の確認で、発生農場は290例目となった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
宮崎・都城、周辺1キロは陰性=飛び火感染は局所的か
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」
高速一部無料化、28日スタート=宮崎2区間を年内に追加

検察のつめ甘い…裁判員裁判で初の無罪判決(読売新聞)
<南アW杯>日本応援サポーターも出発(毎日新聞)
<岡崎信金>また2件の着服発覚(毎日新聞)
口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
posted by イマニシ シンジ at 14:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。