2010年01月31日

「チェーン店はみな同じ」はもう古い?! 広がる限定メニュー続々ヒット(産経新聞)

 外食チェーン店のメニューはすべて同じと思うなかれ。不況の中、好調な売り上げをみせる会社には共通点がある。「限定メニュー」だ。地域限定、店舗限定、期間限定など限定の範囲は異なるが、「限定品」が客の“消費マインド”を刺激。話題性の高まりでリピーターが増え、売り上げにつながっているようだ。(道丸摩耶)

 ◆期間も店舗も限定

 「420円は他のメニューより高いけれど、一度食べてみたかったので…」

 都内の男性会社員(33)がこう話すのは、日本マクドナルド(東京都新宿区)が今月15日から販売している期間限定の新商品「テキサスバーガー」だ。アメリカの4都市をイメージしたバーガー4種を期間限定で販売する「Big America」キャンペーンの第1弾。発売後初の休日となった17日には、全店の1日の売上高が計28億1180万円と過去最高を更新。急遽(きゅうきょ)1日の販売個数を限定とした。

 実は「テキサス−」の販売はこれが初めてではない。今月8〜11日までの4日間、キャンペーンのバーガー4種が約220店舗限定で先行販売されていた。1店舗に付き1種しか取り扱わないため、4店舗を回る客も続出。話題をまいた後、全店での期間限定販売が始まった。

 同社によると、こうした「店舗限定」先行販売は平成20年11月の「クォーターパウンダー」発売時に導入された。今回のように、複数商品を一気に先行販売するのは初めてだという。

 ◆違うのが当たり前

 限定メニューで思い浮かぶのは、中華チェーン「餃子の王将」だ。全国に約550店舗を抱える「王将フードサービス」(京都市山科区)の売上高は、29カ月連続で前年同期を上回る好調ぶり。その「王将」の特徴の一つが、店舗ごとの独自メニューの存在だ。

 「独自メニューは創業時から。当社のDNAのようなものです」と鈴木和久経営企画部長。売り上げの9割を占めるのは定番メニューだが、「チェーン店とはいえ立地や文化により客層は異なる。メニューも違ってこないのがおかしいんです」との信念の下、各店に限定メニューがある。

 横浜市中区の「餃子の王将桜木町店」では、6〜7種ある独自メニューが好評だ。創業時の味を再現した「復刻酢豚」(525円)はケチャップベースの通常の酢豚と異なり、しょうゆベース。徳江俊哉店長(28)は「各店の個性を出せるのがメニューや接客。一軒の中華料理屋として楽しんで帰ってもらいたい」と話す。

 こうした限定メニューについて、フードジャーナリストのはんつ遠藤さんは「チェーン店の数が増え、店舗当たりの売り上げが減る中、限定など独自性を出さないと生き残れない」と分析。「誰もがインターネットで情報発信するようになり、店のファンを獲得することが必要になってきた。限定品は話題となり、リピート率も高まる。『限定ブーム』は行き詰まりを打破する手段の一つだろう」としている。

                   ◇

 ■ご当地メニューも広がり

 「限定メニュー」を出す動きは広がっている。

 カレーチェーン「coco壱番屋」を展開する「壱番屋」(愛知県一宮市)は昨年6月ごろから、以前からあった地域限定メニューをさらに絞り、「店舗限定」を実施。「三島コロッケカレー」(静岡県三島市の三島萩店)や「下仁田ネギ鍋焼きカレーうどん」(前橋市の前橋荒牧店)など、ご当地メニューを期間限定で販売している。

 同社は「1000店舗に1000通りのメニューがあってよいと考えている」と話し、今後も限定メニューを増やしていく考えだ。

「全大臣に」の質問「私の名前は菅」とイライラ(読売新聞)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)
posted by イマニシ シンジ at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

小沢氏「(陸山会の)代表者としての責任はある」(産経新聞)

 −−秘書の事務処理会計処理について、まったく関与していないのでわからないといっているが、土地購入をめぐるお金の出入りが収支報告書に記載されていなかったことについて、幹事長自身の監督、政治責任についてどう考えているのか。あるとすれば責任の取り方について

 小沢氏「あの、先日も、そういう責任の話、幹事長職をどうするのかという話、ございました。事実問題として、まあ、私自身も、まあ、担当者を置いている政治家の場合は−まあまあだいたい、同じようだと思いますが−、直接、(収支)報告書に具体的に、数字に目を通して全部検証するというのは、ほとんどしていないと思っております」

 「それは 担当者を信じて、信頼関係がなければ成り立ちませんので、そういう意味で、信頼して任せているのが、そういうのが事実、現状だと思っておりまして、そういう意味でのもっと、おまえたちも、もう少し詳細に検証しろと、そうすべきじゃないかというご意見に対しましては、それはその意味では、そういう詳細な検証をしなかったという点については、責任というか、申し訳なかったということは言える、感じておりますけども、事実問題として、とても会計、経理処理まで全部やれるような時間的、能力的な暇がありません、余裕がありませんので、結局任せるということになってしまっているんですけれども、そのことが結果として、このように世間みなさまにご迷惑をかけているということについては、国民(の)皆さん、同志(の)皆さんにおわびを申し上げたいと思っておりますが、現時点では、とにかく与えられた職務に全力を尽くすと、そういう気持ちでおります」

 −−お金の管理体制についてうかがう。ご家族の預金を取り崩して事務所の金庫に保管したと言っている。例えば、政治資金と個人の金がごちゃ混ぜになって(いないか)、後に幹事長は4億円を元に戻されているが、それは自宅で保管しているとうかがっている。こういう流れの中で金庫にどういうふうに、個人の金と政治資金が保管されていたのか。ごちゃ混ぜになってしまったりとかということはなかったのか。一体どういう金庫だったのか

 小沢氏「あの、どういう金庫かどうか(苦笑)、ここで説明するアレはないですけれども、政治資金と私の私的な資産とは、もう明確に区別してやってきておりますし、細かな点についても、私はできる限りそういう混同されるような、目でみられないようにということで、私的なものは自分自身が支払い、公的な出張、その出張の旅費などについてもそれは正確に区分けして行動しているつもりでございます」

 −−政治資金に関して、幹事長は「秘書がすべてやっていたこと(という理由)で自分が責任を逃れることはあってはいけない」とおっしゃっている。「一切を秘書に任せていた」との説明に矛盾はないのか。また「すべて公開している」「単純なミスがあったかもしれない」という、これまでの発言はご自身が責任をもっておっしゃったことではないのか

 小沢氏「そうですよ。私の発言です。うん。私は、ですから、実態上として私自身が、全部今言ったように、経理のことを担当するだけの、時間的にも能力的にもそれは事実上不可能なことですので、その意味でいえば、担当者に任せてきておったということは事実でございますけども、私はその意味における、そしてそれがもし、誤ったということをしたならば、それは私の代表者としての責任ももちろんあると思っております」

【関連記事】
石川容疑者「地検が怒ってる。本当のこと話す」 逮捕前夜、父に電話
小沢幹事長「職務に全力尽くす」幹事長続投を改めて表明
小沢幹事長「指示も意見も言っていない」検察を牽制?
民主・小沢幹事長「代表者としての責任ある」
鳩山首相「党代表として結論出す」 小沢氏の参考人招致

飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)
<救急病院受診>軽症患者の特別料金徴収案見送り(毎日新聞)
2月を「情報セキュリティー月間」(時事通信)
<白金温泉>凍らない滝とブルーリバー 北海道(毎日新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
posted by イマニシ シンジ at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

普天間移設先に徳之島浮上、首相「白紙」強調(読売新聞)

 鳩山首相は27日朝、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府・与党内に現行計画の実現は困難になったとの見方が出ていることについて、「いろいろな考え方があるのは、今の過程ではあり得る話だが、ゼロベースで議論している最中だ。我々の検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べ、白紙で議論する考えを改めて強調した。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 移設候補地として鹿児島県の徳之島が浮上しているとの一部報道については、「いろいろなものが検討される可能性がある。そのことを否定するつもりはないが、すべてゼロベースでやっているわけだから、どこが入って、どこが入っていないという議論ではない」と述べるにとどめた。

 この問題では、平野官房長官が26日の記者会見で、移設先の地元自治体の同意が得られない場合、法的決着を図る可能性に言及した。

 ◆無理やりやれば、成田と同じに◆

 一方、政府高官は同日夜、記者団に「今のままでは(現行計画の)辺野古移設なんて絶対に無理だ。法的権限から言えば、国が無理やりやろうと思えばできるわけだが、それでは成田闘争と同じになる」と語った。

ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
出勤簿のトラブルで同僚殴る 容疑の男逮捕 秩父(産経新聞)
赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で−兵庫(時事通信)
菜の花 満開で一足早い春 神奈川県二宮町の吾妻山公園で(毎日新聞)
posted by イマニシ シンジ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。